>>English

東アジア域の黄砂・大気汚染物質分布予測


九州大学/国立環境研究所
化学天気予報システム CFORS
(Chemical weather FORecasting System)
による 3日後までの予測です。

土壌性ダスト(黄砂)の予想分布
(高度0-1km平均値)


図の見方

硫酸塩エアロゾル(大気汚染物質)の予想分布
(高度0-1km平均値)


図の見方

通常、日本時間午前8時頃に更新されます。図をクリックすると前日から3日後までの アニメーション画面へ移動します。

このページでは、 九州大学応用力学研究所(RIAM)の 鵜野伊津志教授らが 開発した化学天気予報システム(CFORS)によって予測された アジア域における黄砂や大気汚染物質の推定分布を表示しています。 CFORSは 気象庁から提供される大気の温度や風などの予測情報、 人工衛星などから推定された地表面の状態、 統計調査などにより求められた汚染排出源分布に関する情報などを 利用して、大気中のエアロゾル(黄砂や大気汚染粒子)あるいは 微量気体(炭化水素など)の3次元分布を計算機によって数値的に予報します。 CFORSは2001年まで九州大学で研究プロジェクトとして運用された後、2002年に 地球環境研究センター(CGER)のサポートにより 国立環境研究所(NIES)に移設され、現在まで定常運用されています。

※2007年末にサーバーをIntel Xeon X5355(2.66GHz) QuadCore x2搭載マシンへと 更新し、モデルの解像度が上がりました(水平40kmメッシュ、 鉛直40層)。 排出源情報には 国立環境研究所・大原らによるREASの2003年データをベースに、 火山情報などを付加したCFORS用データを用いています。


Outline of RIAM-CFORS(CFORSの概要、英語)

本サイトで公開する情報に関して、その正確性や これを利用した結果に関する責任は一切負いません。また予告なしに本システムを 停止することがあります。

なお本サイトに掲載された内容の利用(調査・研究・報道等)に関しては、 国立環境研究所 地域環境研究センター 清水厚までお問い合わせ下さい。


現在、黄砂はどのように観測されているか?
環境省が提供する黄砂飛来情報は→ライダー黄砂観測データ提供ページ
アジア域ライダー観測の詳細な結果は→ライダー(レーザーレーダー)のホームページ
気象庁地上観測の結果は→黄砂情報
浮遊粒子状物質濃度の全国分布は→環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)
他の黄砂予報は?
気象庁黄砂情報(予測図)
九州大学SPRINTARS

関連リンク集(英語)

国立環境研究所


研究者用エリア(要パスワード) その他の物質の分布予想図、過去における予測の保存画像(2003〜)。
連絡先: 国立環境研究所 清水厚(地域環境研究センター), shimizua(atmark)nies.go.jp